スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サメのゲームをつくろう その17

IMG_20150818_021114.jpg


『メインのルールを整理しよう』ってことで整理回です。色々な問題点やフワフワ部分が浮き彫りになるよ。さっそく始めます。

■ウリ(ゲームの売り込みポイント)
1.ドキドキ!得点時、サメが出てくる(出せる)システム。
-他のプレイヤーの至福の瞬間を邪魔できるっていいじゃないですか。もちろん、対抗手段もあるように。

2.覚えやすいルール。
-基本は手札のカードを出すだけ。インスト簡単。

 とりあえず、今のウリはこの2つが最低保証です。増えてもいっても、減らないように。

■ゲームについて
 ゲームのフワフワ部分つめていきます。

《目的》
・得点カードを多く集める。
-得点カードを他の人より集めるためには、手札の色や数字を上手にマネジメントする。効果的なタイミングで妨害であるサメカードを切る。妨害であるサメカードの対策をとる。が、できるようにルール整備を目指します。

《遊び方》
・準備
-数字カードとサメカードを全てよく混ぜて、山札にします。
-各プレイヤーは山札からカードを5枚引いて手札にします。
-山札の1番上を表にして場札にします。サメカードが表になった場合、裏にして場札にします。

・手番
-各プレイヤーは時計回りに手番を繰り返します。手番では、山札からカードを1枚引いて、手札のカードを場札として出します。

a.数字カードを場札にした場合
-カードを場札にした後、得点化を行えます。得点化とは、手札から出したカードと共通の色または数字を1つ選んで、選んだ要素を含むカードを全て自分の得点にすることです。ただし、得点化は2枚以上からでないと行えません。

b.サメカードを場札にした場合
-カードを場札にした後、裏返しを行います。裏返しとは、手札から出したサメカードと共通の色または数字を1つ選んで、選んだ要素を含むカードを全て裏にします。

・フライング・シャーク
-他のプレイヤーが手番中に得点化を行った場合、フライング・シャークを行えます。フライング・シャークとは手札のサメカードを捨て札にすることで、捨て札にしたカードと共通の色または数字を1つ選んで、選んだ要素を含むカードを全て捨て札にすることです。手番プレイヤーの左から時計回りに行うことができます。

・フライング・シャーク・ブレイク
-フライング・シャークを行われた際の行なうことができます。手札から捨て札されたサメカードと共通の要素を持つカードを捨て札して回避できる。

・場札の補充
-得点化の際、場札を補充します。ゲームの準備と同じように山札の上から1枚を表にして場札にします。

・手札の補充
-フワフワ。得点時、補充や手札0で補充など

・裏の場札
-フワフワ。ワイルドカード扱い?

・カード複数枚出し
-手札からカードを出す際、同色や同数字など全てのカードに共通の要素があれば複数枚カードを出すことができる。

・得点カードへの攻撃
-獲得した得点カードは表で重ねて、一つの山にする。1番上のカードは場札にサメカードを置かれたとき、影響を受ける。(裏になる)裏になると減点?

《ゲームの終了》
-山札がなくなった。得点カードが多い人の勝利。
-全色または全数字のカードを得点にした。条件を満たした人の勝利。
 この辺はカードの仕様と相談だ。

《カード仕様》
案1:数字カード1~5 ×5色 サメカード1~5 ×5色 事故りそう
案2:数字カード:サメカード 3:2 くらい フワフワ

フワフワ部分が浮き彫りとなったので、次回はフワフワ部分を詰めていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タレる

Author:タレる

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。